事業紹介

事業紹介

トップ > 事業紹介

主要事業

以下4つの主要事業を中心に、広告物の掲出・撤去・保守・安全管理を行っています。

主要事業

デジタルイノベーション
(自社開発・設置・保守)

専用操作端末だけで簡単に配信管理が可能
次世代サイネージシステム「シグナディア」を自社開発

デジタルイノベーション

次世代のデジタルサイネージとして、【簡単・スピーディ・ちょうどいい!】をコンセプトに自社開発した「シグナディア」は、店舗や施設でのブランド訴求、商品プロモーションなどの集客支援ツールとして幅広くご活用いただいています。

「シグナディア」機能紹介 
シグナディア公式ページはこちら(別ウィンドウで開きます)

「シグナディア」機能紹介
  • ・タイムテーブル、カレンダー機能によるコンテンツのスケジュール配信。システム運用費、サーバ管理費等は不要。
  • ・専用操作端末からSTBへWi-Fiでコンテンツ送信。STBからディスプレイはHDMIケーブルにて接続。
  • ・GPSモジュール搭載STBで、時刻・位置情報が取得可能。※詳細はこちら(別ウィンドウで開きます)

駅サインボード
(製作・保守・安全管理)

ディスプレイ業界の最新技術とともに
進化を続けるサインボード

駅サインボード

視認性の高いサインボードは、大型であるがゆえに美観や安全面への配慮が重視されます。施工・掲出・撤去作業における安全マニュアルを制定、協力会社を対象とした安全講習会を実施し、大きなものだからこそ小さな気遣いを大切にする安全体制を確立しています。

デジタルサイネージとは?

デジタルサイネージとは?

多くのお客さまが利用する駅の流動とスペースを効果的に、かつダイナミックに有効活用する広告媒体がサインボードです。
サインボードには壁面や柱を利用した広告の他、商品ディスプレイと一体化したウインドウ広告等があります。
また近年のデジタルサイネージ普及に伴い、最新の技術や情報を取り入れながらより効果的な広告媒体の開発を行っています。

駅ポスター
(掲出撤去作業・ドライマウント加工)

進化し続ける駅広告メディア。
それに合わせて進化するポスター掲出・加工技術。

進化し続ける駅広告メディア。それに合わせて進化するポスター掲出・加工技術。

広告媒体の多様化とメディアミックスに対応するため、駅ポスターには今までにない機能性やインパクトが求められ、日々進化を続けています。あらゆる駅空間への掲出に対応できる体制を整えています。
首都圏のJR東日本各線・ゆりかもめ・りんかい線・つくばエクスプレスの約400駅の構内で、様々なスタイルの駅ポスターの掲出・撤去作業を行っています。

作業紹介

作業紹介

掲出するポスターはB0,B1,B2が基本サイズですが、特殊な掲出スタイルとして、同じクライアントさまのポスターを並べて貼る「連貼り」、数枚のポスターで1つの意匠を構成する「組貼り」、数駅にまとめて掲出する「セット広告」、駅空間の通路・階段等の壁面に多数の発砲スチロール板を裏打ち(ドライマウント加工)したポスターを直接貼る「集中貼り」、自動改札機に貼付する「ステッカー広告」などがあります。

掲出期間はポスターは7日間、ステッカーは2~4週間です。

車内ポスター
(車内ポスター・車体広告の掲出・撤去等)

「美しく かつ 正確に」作業を確実に終えた時、
効果的な広告が誕生する。

車内ポスター

「もっと正確に、美しく掲出できる方法はないか」「新型車両への掲出はどうすればよいか」決して現状に満足することなく、様々な工夫・研究を重ね、日々進化する交通広告の価値向上に向けて取り組んでいます。
首都圏のJR東日本各線、ゆりかもめ、りんかい線、つくばエクスプレスの車内ポスター・車体広告の掲出・撤去作業を行っています。

作業紹介

作業紹介

車内ポスター広告の種類は掲出スタイルによって区分され、主に車内天井に吊るす「中づり」とドアや窓の上に掲出する「まど上」、ドア横に掲出する「ドア横(新B)」、戸袋やドア部分に掲出する「ステッカー」などがあります。
掲出期間は原則として「中づり」が2日から3日間、「まど上」が4日から5日間、 「ドア横(新B)」が1週間、「ステッカー」が1ヶ月から2ヶ月となっています。
また、電車一編成全ての広告を同一企業で15日間埋め尽くす「ADトレイン」と、 電車の車体に大型ステッカーを掲出する「車体広告」があります。